本文へスキップ
滋賀県立精神医療センター

医療観察制度とは  (法務省リーフレットから)

精神に障害を持つ人の社会復帰を促進するための制度です。 

  • この制度は、心神喪失または心神耗弱(こうじゃく)の状態で、重大な他害行為※※を行った人を対象としています。 
  • このような人の社会復帰には困難を伴う場合も多く、通常の精神保健福祉施策にあわせて、社会復帰をすすめるための継続的な支援を行おうとするものです。  
  • 入院・通院や退院などを適切に決定するための手続き、手厚い医療の提供、地域において必要な医療やケアを確保するための仕組みなどが設けられています。

 

心神喪失、心神耗弱とは、精神の障害のために、善悪の区別がつかないなど、通常の刑事責任を問えない状態のことをいいます。このうち、まったく責任を問えない場合を「心神喪失」といい、限定的な責任を問える場合を「心神耗弱」といいます。
※※ 重大な他害行為とは、殺人、放火、強盗、強姦、強制わいせつ(これらの未遂を含みます。)、傷害(軽微なものは対象とならないこともあります。)にあたる行為をいいます。

〔この制度において、滋賀県立精神医療センターは医療の提供を担います。患者の病状の改善を図り、司法、行政、医療・福祉機関と連携して、社会復帰を促進します。〕


リーフレットPDF

医療観察法病棟パンフレット(PDF)


精神医療センター医療観察法病棟の安全対策について(PDF)

  • 施設の安全対策
  • 火災時の対応
  • 地震時の対応
  • 無断退去時の対応





医療観察法会議関連資料

 会議規程

   ・地域連絡会議規程(PDF)
   ・外部評価会議規程(PDF)
   ・倫理会議規程(PDF)

 地域連絡会議概要

  ・平成26年2月27日
    平成25年度 医療観察法地域連絡会議  議事概要(PDF)  資料(PDF)


  ・平成27年2月20日
    平成26年度 医療観察法地域連絡会議  議事概要(PDF)  資料(PDF)


関係リンク〜もっと多くの情報を得るために


法務省 (Q&Aや社会復帰調整官の役割など)

1  医療観察制度とは  (医療観察制度Q&A)
2  社会復帰調整官
3  地域社会における処遇


厚生労働省 (統計情報や医療機関の整備状況、関連法令など)

1  心神喪失者等医療観察法の概要(上欄「医療観察制度とは」本文中のリンク先と同じページ) 
2  心神喪失者等医療観察法にかかる申立、決定等の状況
3  心神喪失者等医療観察法による入院対象者の状況
4  心神喪失者等医療観察法の施行状況
5  指定医療機関の整備状況等
6  法務省保護局の情報(上記の法務省リンク先のフロントページです。)
7  関連条文


お問い合わせ
県立精神医療センター